シンプルに

生地を扱っていると、時々無名でありながらこれはと思う生地に出会うことがあります。


今回見つけたこちらは、やや毛足を残した膨らみのある風合いと腰のある打ち込みが素晴らしい逸品で、調べると尾州の小規模なミルで上質なウールをシャトル織機でゆっくりと織り上げた物だとか。

素朴な紺のヘリンボーンと気取らない表情が、真面目に良い素材を用い、丁寧に織り上げたこの生地の魅力を引き立てているように思います。


上品な魅力を最大限に引き出すために、当店で最も上質な"Primus Ars"ラインで、流行に左右されないバランスで上質な一着に御仕立てしました。


色柄で遊びたい方には向きませんが、堅実なスーツをお探しの方にお薦めしたい一着です。


閲覧数:318回0件のコメント

最新記事

すべて表示