"Primus Ars"

更新日:2021年12月17日


こちらは Made to Measure のシステムをベースとしながら完全な型紙修正、仮縫を加えた御仕立てを行うもので。デザインは基本となるパターンがあるものの大幅に調整でき、ビスポーク以外では難しいラペルの型紙を引き直し組み合わせる事も可能です。


一度型紙を修正をした後に裁断を行い、仮縫い状態のものを再度着て頂いて、そこでさらに修正を加えて御仕立てすることで理想の一着を御仕立てする事が出来ます。

また、気になる箇所には縫い代を多めに作る事で、仮縫い時でも大きな調整が出来るようにしています。


縫製や芯については "Vestis Alta" と同様に軽量のものを基本としながら、複数種類を用意しております。

中でも肩先の当りを少なくするために、肩先部分をくった芯を使用することで前肩体型への対応もし易い点が特徴でしょう。


肩先は標準として薄い裄綿を入れ、肩から袖まで曲線を作るナチュラルショルダーですが、ナポリ風を求める方には肩先に細かいギャザーを入れ、身頃高にしたシャツ袖も可能です。


また肩線を後ろに逃がす事も可能で、この仕様はナポリの仕立てに多いものとされており、人気が高くなっています。


肩パッドも "Vestis Alta" と同様に基本的には入れています。

ただこちらも、固く厚いものではなくフェルト一枚程度の極薄い軽量の物で、入っていたからといって怒り肩に見えることはありません。


襟は一枚襟となっておりますが、襟の工程時間そのものを増やす事でアイロンワークをより強く入れています。

ただ、アイロンワークが効かないリネンやコットン等の素材によっては、2枚襟で御仕立てする場合もございます。


また、ご要望によりボタンホールの手かがりも行っており、マシンメイドが主軸でありながらも、仕立て服本来の作り方を強く意識したラインとなっております。


Via Serica









閲覧数:218回0件のコメント

最新記事

すべて表示